スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  CEEPO TT VENOM & CKT CONCORD CH-03R  -  2006.11.03.Fri / 17:41 
CEEPO TT VENOM のデザインが発表されました。
tt_venom_illust_large.jpg

 クリックすると拡大します
まだ開発中の700C TT FRAME ですが、650C同様完成度はかなり高いようです。
TT KILLER(650C)との相違点は、

650Cではシートチューブがリアタイヤを覆う形状でしたが、700Cでは若干
隙間があり、それによりシートチューブ厚みを30mmまで削減しています。
その隙間は22mmタイヤ装着時で3mmとなっています。

これはロードレースの規則では横から見てシートチューブとタイヤの
間に隙間が必要なためです。

つまり650Cはトライアスロン専用設計、700Cはロードレースでも
使用可能な設計になっています。

VENOMはフレーム剛性強化のためフレーム全体ボリュームを増加し
ていますが、幅のみで厚みは削減されています。
横から見ると厚みがまし、前から見るとより薄くなっているわけです。

 チェーンステイ幅50mm~40mm
 シートステイ幅35mm~25mm
 ダウンチューブ幅80mm~60mm
 シートチューブ幅80mm
 フロントフォーク幅60mm~50mm
 シートチューブとシートポストサイズをほぼ同一サイズに作成。
 面一化されてよりスマートになっています。

ジオメトリー
  トップチューブ(ホリゾンタル):535mm
  シートチューブ(BBセンター・トップ):550mm
  シートアングル:77°
  ヘッドアングル:73°
  ヘッドチューブ:110mm
  チェーンステイ:390mm

フレーム重量 1,300g
フロントフォーク 450g

TTフレーム&フォークと考えるとかなりの軽量です。
ハイモジュールカーボン100%使用によりこの軽量化を実現しています。

私には固すぎるのではと思っていましたが、試乗した650Cは意外と
突き上げるような感じはなく、踏み出しの軽さと巡航性の高さを感じました。

VENOMの発売が待ち遠しいですね。
来年の宮古島では2006チャンピオンのパク選手が乗るようです。

また、CEEPOよりCKT CONCORD CH-03Rというカーボンエアロハンドルが
新発売になりました。
ckt_ch03r_02.jpg
 クリックすると拡大します。
 ハンドル幅は400mm(芯~芯)。
 プライスは 78,750円(税込)。

アタッチメント込みで695gと超軽量で、握りやすさを考慮したTT用ハンドルです。
ステムクランプ部(OS/31.8mm)はアルミを内蔵し強度アップしています。

ご注文はこちら
No.51 / bike /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。