スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  第30回全日本トライアスロン皆生大会  -  2010.07.20.Tue / 18:58 
第30回全日本トライアスロン皆生大会に参戦してきました。

以下、めちゃくちゃ長いのでごめんなさい。

昨年は豪雨による大会中止となり、ゴールできなかったので、
自身15回目の皆生は何としてでもゴールしたい。

現地入りした17日、見事に晴れ渡り、梅雨明けしたようです。
はじめての選手もいるので米子ICを降りてすぐにバイクコースの下見にGO!
すでに暑い。
100717kaike1.jpg
この坂を軽快に登れるだろうか。
皆、顔は笑っているが、内心はドキドキだ。

はたして今年の自分にどのような状況が訪れるのか。
天候は快晴、気温34度、水温25度(スタート地点は川の影響で20度)。
この天候で大きな不安が訪れている。

暑さが予想されてから、対策だけは施して現地入りした。
まずはウェア。
出来るだけ肌の露出は押さえて日焼けしないようにする。
日頃、バイクはバイクジャージ着用だし、ランは夜間トレーニングなので、
ほとんど日焼けしていない。
レース当日の日焼けは身体へのダメージが特に強く、ラン後半の
失速につながってしまうことは分かっている。
レースでもバイクジャージを着用し、肩回りの日焼け対策は問題ない。
100718kaike2.jpg
腕の日焼け対策に使用したのはパールイズミのUVカットスリーブ。
意外と日焼けするふくらはぎは2XUカーフガードで日焼けと痙攣防止。

見た目は暑苦しいが、ここまで暑いレースはガンガン水をかぶるので、
気化熱による冷却で結構涼しいのです。

そして、万全の補給体制を整えました。
エイドも当然利用しますが、自分で決めた補給をきっちりとこなして、
ハンガーノック、脱水、痙攣に備えます。

自分で用意した補給内容はこんな感じ。
スタート前:ベスパ+ショッツを各1。
バイク:パワーバー2本、ベスパ2本、ショッツ3本、パワージェル1本、
     メイタン1本、ボトル3本は全てリプリニッシュ。
     途中でエレクトロライトショッツ1個
ラン:ベスパ3本、ショッツ4本、エレクトロライトショッツ2個。
痙攣対策にはクランプストップが必携です。
(全てガナスで販売しています。)

エイドでは梅干しと水ボトルとたくさんのスポンジをもらいます。
身体は常に濡らして、体温上昇を抑えます。
そして楽しみは中山のエイドでの美味しいメロン!

以上で今回の補給は成功しました。
用意した補給は全て完食。
ハンガーノック、脱水は全く起こらず、嘔吐感もなし。
太股内側に軽い痙攣があり、ランでは痛みを感じましたが、
激しく攣ることがなく、走りきることが出来たのです。

最後の対策は強い気持。
完走するぞ!と言う強い気持も大事ですが、時に回りに惑わされて、
ペースが乱れ、後半ぼろぼろになる…。
何度も経験してきたので、練習量が豊富でない今の私には、
オーバーペースにならないように各パートのペースを事前に決め、
周りのペースに惑わされない事に終始したのです。

結果、今回の灼熱の皆生対策は万全であったと言えます。
スイム1時間+バイク6時間+ラン6時間のトータル13時間の目標を
各パート全てで切ることが出来ました。

スイムはいつも通りのコース取りとマイペース。
100718kaike1.jpg
練習時は3km/54分で泳げるので、1時間が目標になります。
今回、日野川からの流れが強かったのか、ゴールスロープまでが長かった。
何とか57:59で予定内でスイムゴール。

バイクはNEW BIKEのお陰で距離感が短く感じられ、全体に楽に走破。
FELT B12+CORIMAの効果を体感することになりました。
平地では押さえて走っても、今までのバイクの目一杯のスピードが出るし、
下りは漕がなくても、速え~のなんの。
100718kaike3.jpg
B12はたった155kmの試走だけで参戦したのですが、ポジションも完璧で、
練習時の腰痛、右足ハムストリングの痛みも全く出ることなく、
心配していた登りも意外と軽快にこなすことができ、前後トランジッション
タイムも含めて5:44:32と15分も予定より早くバイクアップ、何よりランに
足が残ったのが大きなメリットになりました。

ランは1月~5月までの練習量が少なすぎた(月平均70km)。
特にハワイトライアスロンがあった5月は30km(今だから言える)。
サボっていた訳ではないが、少なすぎる。
6月は頑張ったものの160km止まり。
どう考えても、これだけ暑いと6時間は掛かると予想。

スタート時点から、とにかくマイペース。
ガンガン抜かれるも本当に最後までペースを変えずにゴールまで、
痙攣も脱水もなく、全てのエイドに立ち寄り、冷水をかぶり、
足にマメができそうになれば、座り込んでワセリンを塗り込み。
私設エイドにも全て立ち寄り水をかぶり、お礼を言い。
皆生のマラソンを楽しみ尽くしました。
ランの結果は5:41:29と、これも予想以上の出来です。

私の15回目の皆生はトータル12:24:00で終了。
100718kaike4.jpg
もう感激のゴールで、久々に涙できました。

本当に皆生大会にかかわる全ての方に感謝しています。
大会関係者のご尽力、4,000名以上のボランティアの皆様のサポート、
暑い中沿道で応援して下さった地元の皆様の暖かい気持、
全てが私をはじめ選手全ての力となりました。
そして、家内をはじめチーム員の応援が背中を押してくれました。
今これを書いている時点でも感動が蘇ってきます。

本当にありがとうございました。
No.314 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。