スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  2009 GIANT  -  2008.10.08.Wed / 21:23 
今日は天気が良かったですね。
暑いくらいで、バイクに乗ればそれは気持ちよかったに違いない。
でも今日は仕事、GIANT 2009 BIKE展示会に行ってきました。
(画像はクリックで拡大します。)

もしかしたらツールで走ったこんなん展示してるかなと、
giant_pt.jpg
期待してましたがさすがにディーラー向けの展示会ですから、
2009の販売ラインナップしかありませんでした。
バイクがずらっと並んでいるだけで、あと商品説明会があるくらい。
綺麗なお姉さんはもちろんいません。
11月2日に始まるサイクルモードでは展示があるかもしれませんね。
綺麗なお姉さんもいるかもよ。

TCRシリーズの紹介をしようと思うのですが、少し長ーくなりそうなんで
続きをご覧になりたい方はクリックしてご覧下さい。
もしかしたら表記に間違いがあるかもしれませんがお許し下さい。
プライス等も10月8日時点のものです。
あと、私の使用しているデジカメの設定が悪かったのか、画像が
セピア色になってます。決して古い画像ではありません。綺麗に
写っているのは家内のカメラです。と、前置きいたしまして。

2009/GIANTのトップグレードTCR ADVANCED SL TEAMは
giant_tcr_ad_sl_team_0.jpg新しいADVANCED SLフレームと
7900デュラエースで組まれています。
 税込¥787,500
このフレームは軽量、高剛性、快適という相反する3要素の全てを獲得、
GIANTの最新技術を全て投入した究極のハンドメイドフレームです。
giant_tcr_ad_sl_team_1.jpgインテグラルシートポスト(ISP)、
トップチューブ、
シートチューブ、
シートステイの
接合部分にGIANT独自の新製法で
100gもの軽量化を達成しています。
giant_tcr_ad_sl_team_3.jpg
BBにはネジ山がありません。
幅86mmのOSで、ベアリングは専用工具で
圧入します。シマノ、カンパ、SRAM、FSAの
ほとんどに対応しています。
このBBはパワーコアBBと名付けられています。
さらにチェンステイは負荷の差を考慮して左右非対称です。
(画像ではよく分かりません。)

そして特徴的な四角断面のダウンチューブとトップチューブです。
giant_tcr_ad_sl_team_4.jpgこのエアロの時代に…と思いましたが、
ステアリング精度とフレーム剛性を
飛躍的に高めていると言うことです。
giant_tcr_ad_sl_team_2.jpgで、ちょっと分かりにくいですが、
四角断面なのでブレーキワイヤーの取り回し
に困ったんでしょうね。トップチューブ
後半部分でブレーキアウターを下から上に
貫通させています。
BBのOSもやってくれましたが、ヘッド回りもすごいボリュームです。
giant_tcr_ad_sl_team_5.jpgなんと上下でベアリングのサイズが違うの
です。下側を1-1/4にサイズアップ、
フォークの肩部分も大きくなり、コーナ
リング、ブレーキングまで飛躍的に
ハンドリングが向上しています。
オーバードライブと名付けられています。
giant_ht.jpgアルミフレームのTCRのヘッド部分(左)
と並べて比べてみました。
明らかに違うでしょ。
これで重量増していないのがすごい。

TCR ADVANCED SLシリーズは
 TCR ADVANCED SL TEAM ¥787,500(上記紹介BIKE)
 TCR ADVANCED SL 0 ¥840,000(SLAM+MAVIC)
 TCR ADVANCED SL 2 ¥493,500(ULTEGRAコンポ)
 TCR ADVANCED SL FrameSet ¥336,000
そして、GIANT JAPAN 20周年記念数量限定モデルの
giant_tcr_ad_sl1.jpg TCR ADVANCED SL 1
 ¥550,000
 カタログ非掲載モデル
でもなぁ、ISPは輪行しにくいからね。
大会にパッキングして送るにしてもピラーが邪魔になりそう。
トライアスリートにはエアロピラー採用のSL2がお勧めかも。

TEAMだと価格的にFELT AR2(¥732,900)とバッティングするんだよなぁ。
09felt_ar2.jpg
こちらはエアロフレームモデルでかっこいい。
このあたりで迷い悩める方は幸せですね。

2008のトップグレードだったTCR ADVANCEDフレームも
パワーコアBBやオーバードライブを採用、100gの軽量化など
通常進化しています。
専用エアロピラー、シートチューブ最寄りエアロぽっくなりました。
SLとの違いはISPの設定がないことです。
giant_tcr_ad3.jpgこの性能とシマノ105コンポで
¥283,500のTCR ADVANCED 3 は
フレームセットが¥210,000なので、
超お買い得です。
まあ、安くはないんですが最初の1台としてもまず失敗はないです。
giant_tcr_ad2.jpg
TCR ADVANCED のラインナップは
 TCR ADVANCED 1¥441,000(SLAM FORCE)
 TCR ADVANCED 2 ¥325,500(ULTEGRA)左画像
 TCR ADVANCED 3 ¥283,500(105)
 TCR ADVANCED FrameSet ¥210,000
SLが登場しTCR ADVANCEDがセカンドグレードになったことで
2008まであったTCR COMPOSITEグレードがなくなりました。
¥250,000以下で高性能カーボンフレームとなると、
次回紹介しようと思うOCR改めDEFY(ディファイ)シリーズの
DEFY ADVANCED 3 ¥241,500だけになってしまったのは
ちょっと残念です。

最後に2009モデルも人気で完売必至と思われるのが、
TCR ALLIANCE 1 ¥189,000(105+TIAGRA)
TCR ¥147,000(105)の2車種です。
giant_tcr_al1.jpgTCR ALLIANCE 1 はカーボンフレームの
衝撃吸収性とアルミフレームの剛性感を
併せ持ったハイブレッドフレームを採用した
ハイコストパフォーマンスバイクです。
giant_tcr_al1_2.jpgホワイトカーボンのカラーリングが
シャープですが、この配色を見ると
何故かORBEA/ORCAが頭に浮かぶ…

giant_tcr_bw.jpgTCR は入門ロードバイクとして非常に人気が
高いバイクです。
このプライスにしてシマノ105/20Speed、
反応の良いアルミフレームは上級者にも
お勧めできるバイクです。ブラックホワイトは
コントラストが良く、高級感があります。
giant_tcr_wb.jpgホワイトブルーの青はカタログではもう少し濃く
なっていますが、実際には画像のような
結構明るい色でした。実車を確認して
お求めいただいた方がよいと思います。

TCRは性能とプライスを考えると敵なしかもしれません。
あとは絶対的な台数が多いので嫌だとか、デザインが
嫌だからとかと言う理由ぐらいしか見つからない、
本当の意味で完成された入門バイクとなったような気がします。

以上、2009GIANT TCRシリーズのご紹介でした。
次回はDEFYシリーズをご紹介します。

今日はブログの更新に2時間もかかってしまい、
トレーニングはできませんでした…。
No.215 / bike /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。