スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  バイク練習(カラスの襲撃と雨)  -  2006.05.25.Thu / 01:06 
定休日以外はバイク実走練習をやれませんので、水曜日は絶対に晴れて欲しい。そして24日の天気予報は晴れ、頑張って早起きし、私が設定している皆生対策コースへ走りに行きました。 (長いので続きはクリックして下さい)
チームのロングバイクコースとは違い、かなりアップダウンの激しいコースです。距離は120km程ですが、皆生のコースに耐えうる身体と精神力を作ることができます(と、自分では思っている)。
horikositouge.jpg

山にはいると気温は20度以下で下りでは寒いくらいです。気温が低いので身体は軽く調子よく感じますが、平均速度を見ると大したことはなくいつもと変わりません。
でもこのコースを走りきることができ、練習後疲れがないようなら皆生大会を完走できるという経験があります。今日は補給シミュレーションもしながらできるだけ休まず走ることにしました。補給にはパワーバーを2本、スポーツドリンク2ボトル、お茶1.5ボトル、おにぎり1個を消化しました。今回は朝食を摂ってのスタートなので、実際レースではもっと食べるはずです。練習中は補給のタイミングを計ることに注意を払っています。

できるだけ止まらずに走りきりたかったのですが、70km地点の峠を越えている時に、カラスの襲撃を受けました。右肩に激しく体当たりしてきたので、最初は山の上から何か落ちてきたのかとビックリしたのですが、次の瞬間カラスが道路脇の石垣の上にとまり、不敵にも私の方を睨みつけるではありませんか。売られた喧嘩は…ではなくて、今後のことを考えて、バイクを降りてカラスに反撃です。道ばたの石を拾い、手当たり次第に投げつけてやりました。カラスもさすがにビックリしたのか山の中に退散していきました。

このあたりには山のわき水を汲みに来る人が多く、おそらくカラスはその人達を襲っていたのでしょうね。私はヘルメットを被っていたのでくちばしを防ぐことができましたが、つつかれれば結構痛いと思いますよ。チームの方だけでなく、ここはたくさんのサイクリストが通りますので、代表してカラス退治しておいたわけです。

もうこれ以上何もないだろうと、気を取り直してスタートしたところ、85km過ぎの峠を越えた当たりで、ポツイポツリと雨が降り出しました。「うそやろ~。今日は晴れる言うてたやん。」下り+雨=寒い!。使うことはないと思っていたノースリーブのウインドブレーカーとアームウォーマーが役に立ちました。結局楽しいはずの下りはずぶ濡れ、仕方なく下りきったところにあるコンビニに寄り、しばし雨宿りをしましたが、最後まで止むことはなく、残り30kmは小雨の中を走ることになってしまったのです。
amayadori.jpg

どうやらちょうど雨の中を走っていたらしく、ついてない時はこんなもんなんでしょうか。それでも、疲れを残さず走り切れたので、練習後は満足感で一杯でした。来週こそは晴れますように。
No.21 / training /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。