スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  シマノ展示会  -  2008.09.18.Thu / 01:34 
ここ数日、疲れの抜けないダルーイ日々を過ごしておりましたが、ようやく
体調が戻り、17日は楽しみにしていたシマノ展示会に行って来ました。

こんなに楽しみな展示会は久しぶりです。
すでにご存じと思いますが、シマノは新しいデュラエース7900系を発表し、
この冬までにはデリバリーが始まります。

私が楽しみにしていたのはこれではなく、最近追加して発表された
エレクトロニック・シフティングシステム(DURA-ACE Di2)を見たかったのです。
見るだけではなく、試乗したかったのです!
snda007.jpg
子供の頃、リトラクタブルライトにフラッシャー付き自転車を初めて見た時の
ような素直な喜びと感動がありました。
「こっ、これください」と思わず叫びたくなりましたよ。

ちょっと画像(クリックで拡大できます)が暗くてすいません。
snda002.jpg これがフロントディレイラー
 思っていたよりもコンパクトです。
 ボトルケージ下にあるのがバッテリー、
 「ピュー」というモーターの駆動音が
 エレクトロニックを感じさせます。
動作はいたってスムース、デュラエースですからね。
リアのシフト位置によって、自動でトリム調整し続けてくれます。
チェンのチャラつき音は解消されました。
チェンには負担がありそうですがアウターローも使ってOK!とのことです。

そのチェンもクイックリンクで簡単に取り外しできます。
お掃除マニアには朗報ですね。

snda003.jpg リアディレイラーです。
 どこにモーターが入っているの?
 と言うくらい普通の大きさです。
こちらもとにかくスムースです。
ただ、トルクがかった変速ではシフト時のショックを少し感じました。
ワイヤータイプより切れのあるモーター駆動だからでしょうか。

snda004.jpg デュアルコントロールレバーです。
 ワイヤータイプと見た目は変わりません。
 軽くスイッチを押すだけで変速します。
スイッチ位置に慣れてしまえば、もう楽々シフトです。
これは触らないと分かりません。
このあとワイヤータイプにも試乗しましたが、 フロントはもうワイヤーには
戻れないなと言うのが感想です。

snda005.jpg スイッチと変速機はケーブル配線です。
 うまく配線できるよう工夫されていましたが、
 今後は内蔵するタイプのフレームも搭乗し、
 よりインテグレイティッドされるでしょう。
 このあたりは改良の余地ありです。
「手を触れるな」と書かれているのは、電池残量などのインジケーターです。
LEDの点滅具合でシステムの症状を知ることができます。

snda001.jpg 今年のツールでも使われました。
 黄色の円の右のバイクには
 シフトワイヤーが見えません。
 クリックで拡大できます
気になる耐久性は度重なる過酷なテスト(転倒までも)、
ツールなど実践でのテストを繰り返し実証済。
気になる電池は約1,000km~2,000kmはもつようです。
これは変速回数により左右され、気温、自然放電などによっても
変わるため、あくまでも目安ということです。
ホビートライアスリートなら全く問題ないレベルですよね。

さらに重量は7900と比べて56g重いだけ、バッテリーだけの重量増です。
ワイヤータイプのデュアルコントロールレバーのラチェット部分の重量が
無くなり、モーターの重量になったと言うことです。

気になるプライスはCampagnolo Super Recordより少し安いくらい
と言うことは、30~35万円くらいでしょうか。

携帯電話も最初は高嶺の花でしたが、今やひとりに1台と言うくらい
普及し、安くなった訳ですから、いずれはデュラDi2も普及して、誰でも使える
システムになれば良いですね。
それには売れなきゃいけないんですけどね。

snda006.jpg トライアスリート向けには
 バーコンに代わるDHバー先端のスイッチ、
 エアロブレーキレバーにもスイッチがつきます。

 画像はスイッチのないタイプです
 デュラロゴが眩しい
今までブルホーンハンドル+DHバーでは、ブレーキングしながら
変速できませんでしたが、これで可能になりました。
DHポジションでもハンドルを握ったポジションでも
変速できるようになった訳です。

あ~もう、私はこのシステムにメロメロです。
春が待ち遠しいなぁ。

そして、ようやくシマノのトライアスロン用シューズが新しくなりました!
shtr70.jpg トップグレードが追加されました。
 SH-TR70 ¥44,100
 カーボンソール、カスタムフィットモデルです。
さりげなく「鉄人」と書かれています。
デザインもシャープでかっこいい。
他にもカーボンソールのSH-TR51(¥27,825)、レディスモデルでナロータイプの
SH-WT51(¥27,825)、普及タイプのSH-TR31 ¥15,540も新しくなってます。

午後からはプロファイルを見てきました。
新しいDHバーも展示されていました。
触りまくってきました。
欲しくなりました。
pdvolna.jpg VOLNAというDHバーシステム
 ハンドル部分の握り心地が最高
 DHエクステンションも微妙な
 曲がりで使いやすそうです。

人気のRM1Systemにホワイトバージョンが追加されました。
pdrm1w.jpg 台座部分とケージの間の
 黒いパーツはCO2カートリッジを
 取り付けるアダプターで別売品です。


「トライアスロンはお好き?」で家内もレポートしてます。
展示会で一日終わってしまいましたが、夕方ランニングして汗を流しました。
疲れたけど楽しい一日でした。
No.209 / parts /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。