race の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  5年ぶりのマラソンに向けて  -  2015.09.22.Tue / 14:32 
エントリーしていた東京マラソンに当選しました。
家内と一緒に出場しようと思っていましたが当選したのは私だけでした。
最初はこの場合は辞退しようかと思っていましたが、11倍の難関を当選と
聞かされて、一人でも出場しようと決めました。

毎年夏場にトライアスロンでマラソンの距離は走っているので、冬場の
マラソンをあえて避けていたため、5年ぶりの冬場のマラソンです。
これからしっかり身体を作っていこうと思います。
東京マラソンは「楽しみながら走るんだよ」とも聞かされているので、
街並みを楽しみながら足腰が痛まないように走り終えて、
東京のチームガナスメンバーと打ち上げするのが今からとても楽しみです。

いつもはバイクメインのオフトレですが、今年はラン練習を増やそうと思います。
ということで昨日も夕暮れ時に気持ちよくランニング!
150921run.jpg
トレーニングを楽しんでいます。

ガナスフェイスブックもご覧下さい。
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓
facebook_logo.jpg

twitter01.gif

フェイスブック、ツイッターで
ショップに集まってくるトライアスロン情報や商品情報、
blogの更新情報なども発信してます!
いいね!&フォローをお願いいたします。



g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 さあ、あなたも感動のゴールへ!
スポンサーサイト
No.519 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  第22回サンライズ磐田in竜洋大会  -  2014.10.04.Sat / 20:12 
ちょっと遅い夏休みを兼ねてサンライズ磐田大会に行ってきました。
結果は最高に楽しい夏休みになりました。
台風が接近していたのできっと荒れた大会と思っていましたし、
昨年レプトスピラ症を発症された方がいたため水質が悪いと脅されていました。
私の場合、水質よりも水温が心配で寒くて18度以下ならDNSにしようと決めてました。

ところがいろんな心配をよそにものすごく良い天気で暑かった。
前日の27日も真夏か!というくらい暑かったのです。

前日は大会会場に着き、チームメイトと合流、受付と説明会を済ませ、
140928iwata01.jpg
浜松でうなぎ~でエナジー充填して早めに就寝。
140928iwata02.jpg
ここのうなぎはさすが本場でうまいです。

最近大会前日でもよく寝られるんですよ。
今回もよく寝ることができたので、目覚めもよく、さらに気温も高めだったので
前週痛かった腰の痛みもやわらぎ、体調良好です。
この時点でなんか今日はいけそうかななんて思ってました。

今回私は磐田初レース、チームメイトはみなさん経験者です。
140928iwata03.jpg
いろいろ教えてもらいながらセッティングしていきますが、
かなりゆったりした感じでほかの大会ほど細かくありません。
すべて自己責任でやりましょう!といった感じです。

セッティングを終えたら、スイムスタートできる状態で開会式へ。
その後にタイムチップを受け取り、足に装着して間もなくスイム入水チェックです。
あっという間に時間は過ぎてスイムスタートの8時30分に。
号砲とともにスタートです。

スイムは竜洋海洋公園の汽水湖を2周回しますが、コースロープがなく、
コーナーに大きなブイがあるだけです。
これがすごく泳ぎやすかった。
コースロープ自体が曲がっていることもありますし、人が多いところでは
ロープに詰まってしまいますから、私はいつもロープから離れて泳ぎます。
そのロープがないのですから泳ぎやすいのなんの。
ブイだけ見てればよいのでかえってまっすぐ進みます。
水温は21度、気持ち良い水温です。
透明度はないものの病気を発症するような感じではありませんでした。
もちろん私の個人的な感覚です。
気持ちよくスイムを終えたらバイクへ。

今回P5での初レースだったのでとても楽しみにしていました。
140928iwata05.jpg
皆生後はそれほど練習できませんでしたが、P5がカバーしてくれるだろう、
ビユーンとスズキテストコースを走れるかもと期待してました。
で、期待どおりでした。勝手に走ってくれる~。
エアロヘルメットの効果もあって空気抵抗を感じません。
98%エアロポジションで走ることができました。
本当によく練習不足をカバーしてくれ、気持ちよくバイクゴール!

ランは走りきれれば良しです。
13kmまでは順調に走れましたが、その後は暑くてエイドでしっかり水を
かぶって体を冷やさないと前に進みませんでした。
ラスト500mで5時間を切れそうなことが分かり、そこから踏ん張って
4時間59分54秒でゴール!
140928iwata04.jpg
ゴール前、谷さんが「ウェルチでゴール。」と言うのでジャンプして
ウェルチポーズでゴールを決めましたが、グレッグ・ウェルチを知ってる人も
もう少ないですよね。

今回、バイクでのエイドがないと聞いていたのですべて手持ちでいきました。
実際にはコース上に一か所あったのですが、ピットインする必要があるので、
入る気がしませんでした。
テストコースを10周回する間の補給は、周回中に2度少しずつ給水、
周回ごとにナンバーバナナ2本とスポーツようかん2本を少しずつ口にして補給。
ランに入る時点では十分補給できていましたので、2kmごとに少しずつ給水、
後半エネイド1本を3回に分けて補給で走りきることができました。

この時期は例年完全オフですが今年はレースを楽しんでます。
この調子で来年に向けてトレーニングを楽しく続けていこうと思っています。
No.510 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  全日本トライアスロン皆生大会~バイク・ラン  -  2014.07.23.Wed / 21:00 
皆生大会のバイクは145kmですが、実際に走るとメーターで140kmなんです。
でも距離なんか関係なく、とにかくハードなコース、これに暑さが加わると
もうどうにでもしてくれという感じになっていきます。

練習量は例年通りで大きく変わることはないので、基本的な走りも
大して変わることはありません。
140720kaike-B2.jpg
なのでバイクで補給できるかどうかが当日の走りに大きく影響します。
暑さで熱中症、脱水などで補給できなくなると本当につらい。
今年はトレーニング段階で補給についてしっかり準備して臨み、
最後までしっかり補給できたのでランへスムースに移行できました。

いつもは100km過ぎると補給食を受け付けなくなるので、
何とか最後までしっかり補給できるように、
補食と補水のタイミングや何を摂るのかを細かく設定して、
それをトレーニング時に実践して確認しておきました。

最終的には前日の食事、スタート前、バイクスタート時から100kmまで、
残り40kmに分けて準備、エイドでの補給も含めて設定し、
それが全て上手くいきました。

おかげて痙攣することもなく、最後まで足が回ってくれたので、
昨年に比べて43分バイクパートを短縮することができました。

いつもならトランジッションで着替える時に足が攣ったりするのですが、
今年はランに向けて身体の軽さを感じていました。

バイクタイム 5:41:53

ランスタートするとものすごく暑い、体調の良さは感じていますが、
ラン練習量は多くないので最後まで走り切れるか不安を感じます。
140720kaike-R1.jpg
皆生のランコースはフラットとはいえ日影がない市街地コース。
とにかく暑いです。
日焼けによる体力低下を防ぐため、できるだけ肌を出さないウェアが
私には不可欠です。
見た目暑そうですが、水を被り続ければウェアからの気化熱で
身体を冷やしてくれます。

バイクでしっかり補給できているのでランでは給水とジェルでの補給のみです。
給水はOS1のみにして、固形食はバナナとオレンジを食べるだけでした。
あとは手持ちのジェルですが、これもパターンを決めてしっかり摂っていきます。

とにかく暑いので補水がかなり多くなりがちです。
摂りすぎないようにかつ不足しないように身体と相談しながら補給していきました。

そして今年は歩かないことが目標。
たぶん見た目は走っているといえるものではないのですが、
気持ちを前向きにしないと歩いてしまいます。
途中チームメイトたちからハイタッチでパワーをもらい、
折り返しに到着、予定通りトイレに行ってすっきりしたら残り20km。
まだまだ明るい。

30kmまで来たときに初めて時計を見たら、12時間を切れるかもしれない。
いつも12時間を目標にしてはいますが、前回12時間を切ったのは8年前のこと。
最近は12時間を目標とは言わないようにしていましたが、
このままいけば切れるかもしれない。

そう思うとますます気持ちも身体もポジティブになります。
痙攣しないように、ハンガーノックにならないように、
とにかく一歩一歩前進あるのみです。

残り7kmでチームメイトが追いついてきて、パワーをくれます。
ラストの信号もわたると残り3km、20分残されていました。
普通にいけば間に合いそうと思うとうれしくて仕方ありません。
結果少しだけペースアップして11時間58分31秒でゴールできました。
140720kaike-R2.jpg
日が沈んでいない競技場で写真を撮ってもらうことができ、
140720kaike-R3.jpg
鉄人ラーメンをおいしく食べることができ、
さらに打ち上げは焼き肉で乾杯!
140720kaike-AP.jpg
こんなに元気に皆生を終えることができるとは練習量から
考えもしませんでした。
昨年より少し早く笑顔でゴールできればよかったのですが、
おまけがたくさんついてきたレースになりました。

本当にありがとうございました。
皆生大会に携わったすべての方に心より感謝申し上げます。
No.501 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  全日本トライアスロン皆生大会~スイム  -  2014.07.23.Wed / 10:24 
今年も全日本トライアスロン皆生大会に出場し完走することができました。
大会関係者の皆様、ボランティアの皆様、沿道で応援いただいた地元の皆様、
すれ違うたびにパワーをくれたチームメイト、応援に駆けつけてくれたチームメイト、
そして家内、すべての方に心より感謝申し上げます。

19度目の皆生は思い描いた通りのレースになりました。
金曜日入りして籠乃鶏さんでエネルギーを充填し、レースの準備を済ませ、
140718kaike-01.jpg
土曜日は早起きして、スイム会場を視察したり軽くジョグをしたり、
140719kaike-01.jpg
できるだけ食事は普段通り、また時間的に余裕をもって動くようにします。

大会当日は午前3時起床、すべての準備を済ませるともう宿舎の出発時間です。
5時に会場に着くととすでにたくさんの選手が来場しています。
スタートまでの2時間もあっという間に過ぎてしまいます。

スイムスタートは昨年からとても狭くなったため、バトルに対する緊張がとれません。
何とか良いコース取りはないか下見の段階から考えておりましたが、スタート直前に
ふとこれで行こうというラインが見えたので自分を信じてスタートラインに立ちました。

号砲から生きよいよく飛び出す選手で波しぶきが上がります。
私はアウト側から自分の信じたラインを進み始めると、全くバトルはありません。
まっすぐ前にも進んでいるようですし、最初の大きなブイを目指して前進です。

皆生のスイムは300mで左折、大きなブイが2つありその間を左に曲がります。
当然手前のブイで左に曲がりたくなるのでそちら側では激しいバトルのはずです。
2つのブイの間を曲がりたかったのですが、気づくと奥のブイを行き過ぎそうになり、
結局最長距離で左折、本来はコースロープより離れて泳ぐ予定でしたが、
左側を見るとバトルで激しく波立ち、仕方なくコースロープに沿って前進することに。

いつもは泳ぎにくいコースロープ際も何故か今年は同じようなペースの人の流れで、
バトルもなくプールで泳いでいるかのようなスムースさです。
しばらくはこれで行こうとリラックスして泳ぎ、岸に建つ旅館を確認しながら、
少しずつコースロープから離脱して折り返しを目指します。
気持ちは最短コースで前進しているつもりですが、実際にはわかりません。
それでも折り返しが26分台とベストでしたから、気持ち的に余裕ができました。
140720kaike-s1.jpg
折り返してからも周りはほぼ同じペースの方ばかりだったので、少し体が当たっても
すぐに離れてバトルになるようなことはありません。
結局今回はコース取りが良かったのか、心配していたバトルも一度もなく、
タイム的にもベストが出ました。
スイムタイム 55:47

スイムで5分の余裕が生まれたので、これからの厳しいバイクに向けて
ゆっくりトランジットできたことがさらに余裕となっていくのでした。
140720kaike-B01.jpg
--
暑いレースはまだまだつづく
No.499 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  全日本トライアスロン皆生大会  -  2014.07.15.Tue / 19:29 
まだ梅雨が明けていないというのに暑いなあ。
皆生大会まであと5日、すでに練習は軽く身体を動かす程度。
疲れるほど練習はしていないが一応疲れをとっている。
仕事の調整も今年はスムースに進んだので皆生ウィークは
心底楽しむことができるはずなんだけどどうなるかな。

今年も6月に開催された湯梨浜大会でレース感覚を取り戻して、
140622yurihama.jpg
その後も雨にさえぎられることなくトレーニングできたし、
腰の具合も今年に限っては苦しめられることがないので、
最後まで走りきる完走を目指したいと思う。

レースなのでどのような状況になるかはわからないけど、
19回目の皆生大会をとにかく楽しみたい。

ということでこの週末18日から21日はガナスは臨時休業となります。
ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

皆生は今のところ曇り予報ですが、今年は雨のレースが多いですね。
落車も多くて、怪我や故障されている方も多い。
皆生は山岳コースでハイスピードのコーナーも多いので、雨だけは
勘弁してほしいところですがこればかりはどうしようもないし、
山陰方面の雨はとても激しく振ることもあるので、今年は雨天専用の
ホイールも準備したのです。
140715tire.jpg
使うことがないことを願います。

初めて出場したのは1994年、20年前のこと。
140715kinen.jpg
当時は参加者450名だった。
1997年と2000年は出場していないので今年で19回目です。
いつも同じなんだけど完走目指して頑張ってきます。
No.498 / race /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

 プロフィール 

ガナス店長

Author:ガナス店長
アスリートワールド ガナスの店長です。
トライアスロン歴30年。
家内もトライアスリート。

 最近のコメント 

 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 

  ブログ内検索  

  今まで何人来られたのでしょうか  


CopyRight 2006 ガナス店長ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。